ゲストへの配慮を|日本の伝統である神前式で厳粛な結婚式をあげよう
男女

日本の伝統である神前式で厳粛な結婚式をあげよう

ゲストへの配慮を

ウェディングケーキ

費用は抑え気味

大阪の結婚式は、費用を抑えつつも工夫をこらして満足度を高くしているのが特徴です。大阪人はほかの地域の人に比べて経済感覚に優れており、費用対効果にもシビアです。一方で、華やかな演出が好きという特徴もあるので、結婚式の雰囲気としては華やかで楽しい演出や装飾を好みます。しかし、お金をかけて豪華にするのではなく、お金を使わずに工夫して華やかにするのが大阪の結婚式です。総費用は抑えつつも、ゲストにかける費用は比較的高めという傾向にあります。これは、ご祝儀の平均額が全国平均よりも高いというのもその一因となっています。料理や引き出物、ゲストを楽しませるための演出には力をいれ、ドレスや会場装飾、花などは控えめにします。

費用の折半方法に注意

大阪の結婚式では、新郎新婦それぞれで費用を折半することが多くなっています。ゲストの人数によって折半額を決めるのが一般的で、こうした一面にもシビアな経済感覚が現れています。大阪人同士のカップルならばそれでよいのですが、他県出身の人と結婚する場合は注意が必要です。他県の伝統として、親が多く費用負担をすることもあれば、新郎が多めに負担するのが伝統ということもあります。あらかじめ新郎新婦の間でしっかり話をしておいて、両親や親族にもきちんと説明しておきましょう。お金に関するトラブルは後々まで尾を引くので、きちんとルールを決めてしこりが残らないようにしましょう。新郎新婦だけで決めるのではなく、お互いの両親に一度打診しておくのも重要です。