花嫁

日本の伝統である神前式で厳粛な結婚式をあげよう

古都でのウェディング

新郎新婦

京都は、結婚式場の選択肢が豊富です。一般の式場とともに神社仏閣も候補になるのが、京都の特徴と言えます。下見付きの相談会を利用すると、挙式へのモチベーションが高まります。現在では無料の相談会が多く、出費を抑えて有益な情報が得られます。

もっと読む

式場探しのコツ

式場

結婚式場を大阪市で探す場合、必ず予算を決めておくようにしましょう。結婚式場を探すときに役に立つのはインターネットです。インターネットには雑誌にはない最新情報が掲載されているので、結婚式場探しの役に立ちます。

もっと読む

伝統的なスタイルです

和婚

流れを頭に入れて置く

神前式結婚式は日本の伝統的な結婚式のスタイルです。神社の神殿やホテル、結婚式場に併設されている神殿で行います。東京からの参列者は媒酌人を除いて親族に限られることが多く、親族杯の儀で両家が親族になったことを表します。衣装は和装がほとんどですが、まれに洋装で行うカップルもいます。なお神社で行う場合は休憩所の有無や披露宴会場までのアクセス、神職や巫女の方への謝礼など予めきちんと確認して失礼のないようにすることが大切です。東京で行う神前式挙式は、基本的にリハーサルはしないので、事前にだいたいの流れを頭に入れておく必要があります。式次第そのものは、古くから日本に伝わる儀礼の作法にのっとったものなので、現在の私達の生活には馴染が薄いものが多いですが、それぞれにはきちんとした意味があることを理解しておきましょう。

その場で確認する

東京で神前式の予約をする時に、式次第や誓詞の文面など、意味がわからない言葉は恥ずかしがらずにその場で確認するようにしましょう。多くの挙式を手がける東京の神社では、それなりの印刷物を用意していますが、ない場合はしっかりとメモをとるようにします。また衣装の着付けなどは、別に依頼することになるので控え室などの確認も忘れずにしておきます。場合によっては別の場所で花嫁衣装になり、神社に赴くこともあります。神前式は、三献の儀といって、御神酒を大中小の杯で交互にいただきますが、アルコールが苦手な人はちょっと口をつける程度で、全部飲み干さなくてもかまいません。尚、玉串奉奠の手の動きは、古くからの日本の伝統的なものですから、間違いのないように予め練習しておくとよいでしょう。

ゲストへの配慮を

ウェディングケーキ

大阪の結婚式は費用は抑えつつも華やかな雰囲気にするのが上手です。なぜなら、シビアな経済感覚を持っているのがその一因です。また、ゲストには多めにお金をかけるが総費用は抑えるのも特徴になります。費用の折半方法はきちんと相談しておかねばなりません。

もっと読む